カテゴリー別アーカイブ: 活動

平成28年度 活動報告書が完成しました!

NPO法人わかもののまち静岡の活動報告書が完成しました!

14718879_1883376345216580_2104162141495481678_n

活動報告書はこちらからダウンロードできます。

平成28年度活動報告書 完成版

広告

第1回 検討会議を実施しました。

第1回LYC検討会議@東京

第1回Japan LYC(ローカル・ユースカウンシル)検討会議を東京にて実施しました。

まず、本ハンドブックの作成のねらいとターゲットとする読者について意見交換し、今後の全体スケジュールの確認をしました。

S__52977672.jpg

今回の会議のメインテーマは、ハンドブック全体のコンセプトです。

このハンドブックを手に取る具体的な読者を考えながら、「自分もやってみたい!」と思えたり、読みながらどんどん楽しくなっていくような内容を検討していきました。

また、それに合わせて、どんなイラストや構成にしていくのかの全体像についても意見が出されました。

次回の検討会議は、5月後半から6月前半の時期を予定しています。今回の検討会議を受けて事務局で目次案を作成し、意見交換をしていく予定です。

次回の会議までに静岡を中心にハンドブック作成のための勉強会を複数開催していきますので、そちらもご注目ください。

【Japan LYC(ローカルユースカウンシル)プロジェクト とは?】

https://wakashizu.wordpress.com/2017/04/09/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88-%E5%A7%8B%E5%8B%95/

日本ローカル・ユースカウンシルプロジェクト

日本版ローカル・ユースカウンシル

欧州を中心に広がる「その地域に住む若者たちの声を集め、地域の若者をエンパワメントし、地域を変えるための協議体」であるユースカウンシルの日本版の開発・普及をするのが本プロジェクトです。

国内の若者政策や若者参加、シティズンシップ教育、子どもの権利などが専門の研究者、実践者で構成される検討会議を通して、『「日本版ローカルユースカウンシル」のつくり方ハンドブック』のリリースを目指します。(これまでの活動についての報告記事はコチラ)

スライド1

○検討委員名簿

・津富 宏 氏(静岡県立大学教授/NPO法人青少年就労支 援ネットワーク静岡 代表理事)
・両角 達平 氏(ストックホルム大学国際比較修士課程/ NPO法人Rights理事)
・川中 大輔 氏(シチズンシップ共育企画 代表/日本シティ ズンシップ教育フォーラム運営委員・事務局長)
・安部 芳絵 氏(工学院大学准教授)

○全体アドバイザー

・宮本みち子 氏(放送大学副学長/千葉大学名誉教授)

○全体のスケジュール(予定)

2016年 検討会議の動き
4月 資料収集&読み込み  
5月 目次案作成 目次たたき(5月末)
6月 台割り作成  
7月 台割りたたき(7月中)
8月 文章

フィードバック先のリスト化

 
9月  
10月 各方面からのフィードバック  
11月  
12月 フィードバック整理(12月中)
2017年  
1月 印刷 最終チェック(1月中)
2月 プレリリースフォーラム  
3月  
4月 フォーラム準備  
5月  
6月 リリースフォーラム

○助成元

ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)

ハンドブック作成のための検討会議の実施とハンドブックの印刷製本費、フォーラム開催などへの助成

スカンジナビア・ニッポンササカワ財団

スウェーデンのユースカウンシル視察のための助成

【募集】鰹Fesに出演する高校生、大学生のパフォーマーを募集しています

初開催!鰹FES

2016年11月23日(水・祝)に、高校生、大学生世代の若者Fesが開催!
焼津の地で、歌え!踊れ!高校生・大学生世代の出演者大募集。
※10月23日が募集締め切りです。

詳細は特設ホームページから!

開催概要

■日 時:2016年11月23日(水・祝)13:00~16:30
(11:00からリハーサルがあります)
■場 所:焼津駅前特設会場(旧 福祉庁舎)
■出演費:無料
■応募資格

  • 2名以上の高校生・大学生世代のバンド・ダンス・アカペラ等のグループ(ジャンルを問わない)

  • 1組 最大20分(応募時にパフォーマンスの想定時間を記入)

  • 楽器類は各グループで準備をする。

  • ダンスグループなどの音源はCDに焼いて持ち込む。

  • 応募多数の場合は事務局で選考をしますのでご了承ください。(10月中に決定通知)

■主催:わかもののまちやいづ(NPO法人わかもののまち静岡 焼津支部)
■共催:静岡市・焼津市連携協議会、焼津市

申し込みはコチラから

【告知】「静岡市わかもの会議」中間報告会(2016/9/18)

静岡市わかもの会議 中間報告会若者の声でまちが変わる!?

「若者が住みたい・住み続けたい思う静岡市」を実現するための政策提案を考える「静岡市わかもの会議」の中間報告会を実施します!
中間報告会では、若者たちが考えた政策案が若者だけでなく、すべての市民にとって「住んでみたい・住み続けたいまち」となるよう、広く意見やアドバイスをいただく機会とします。

《報告予定の政策テーマ》
・教育(若者の地域参加)
・経済(若者の雇用)
・国際(外国人観光客の受け入れ)
・地域福祉(若者と高齢者をつなぐ)
など
※内容は変更になる場合があります

ご関心のある方であればどなたでも参加いただけます。ぜひご参加下さい。

開催概要


■日時:平成28年10月18日(火)19:00~20:30(18:30開場)
■会場:静岡市青葉会議棟(静岡市葵区追手町4-16;元静岡市クリエーター支援センター/旧市立青葉小
学校)3階 会議室※静鉄新静岡駅から徒歩約4分
■定員:約50名程度(どなたでもご参加いただけます)
■事前申込:不要(直接会場にお越しください)
■主催:静岡市(青少年育成課)
■協力:NPO法人わかもののまち静岡

■静岡市わかもの会議とは?
今年度から静岡市初の試みとして発足した会議です。「若者が住んでみたい・住み続けたいまち」をテーマ
に、若者自身が意見やアイデアを出し合い、静岡市に政策提案します。公募により集まった高校生、大学
生、社会人19人が参加しています。
NPO法人わかもののまち静岡が運営協力しています。

【告知】わかもののまちづくりフォーラム「NPO法人わかもののまち静岡 設立&活動1周年記念イベント」(2016/10/22)

わかものまちづくりフォーラム

人口減少社会に対応するための『若者』と『まちづくり』を考える

わかもののまち静岡の活動1周年とNPO法人設立の節目に、わかものののまちづくりづくりフォーラムを実施いたします。

金沢学生のまち推進条例の策定や、数億円をかけて町屋を改修し、学生と市民の街中交流拠点を設置するなど、今や「学生のまち金沢」として全国的に有名な石川県金沢市の推進役の東利裕さんと、

スウェーデンストックホルム大学大学院で北欧の若者参加政策の研究をされ、BLOGOSやHUFFINGTONPOSTなど大手ブログメディアにも多数とりあげられている両角達平さんの豪華ゲストのおふたりをお招きし、”わかもののまち”とは何なのか考えます。

申し込みフォームリンクはこちらから

開催概要

■日時 2016年10月22日(土) 13:00~16:30

■タイムテーブル
⓪オープニング

①わかもののまち静岡の『これまで』と『これから』

②ゲストによる話題提供
◯「学生のまち金沢」のまちづくり  東 利裕 様
◯ ヨーロッパの若者参画によるまちづくり 両角 達平 様

③トークセッション
『わかもののまちを実現するためには』
〜学生のまち金沢×若者に優しいヨーロッパ=わかもののまち!?〜
◯コーディネーター:
小野航汰(NPO法人わかもののまち静岡 副代表理事)
◯パネラー:
東 利裕様(金沢市市民協働推進課長(兼)金沢学生のまち市民交流館長)
両角 達平様(ストックホルム大学大学院修士課程/NPO法人Rights理事)
土肥 潤也(NPO法人わかもののまち静岡 代表理事)

■会場 静岡県立中央図書館 会議室(〒422-8002 静岡市駿河区谷田53−1)

■参加費(資料代)
・わかもののまち賛助会員の皆様 : 無料
・高校生以下 無料
・ 学生(学生証をご持参ください):一律 500円
・ 一般参加者
10/9までのお申し込み : 500円
10/9以降または当日のお申し込み : 1,000円

参加費は当日受付にて回収させていただきます。
なるべくお釣りのないようお持ちください。
また応募フォームからのご記入も忘れずにお願い致します。
リンクはこちらから

■ 定員 100名程度

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゲスト紹介


【ゲスト①】東 利裕 様
金沢市市民協働推進課長(兼)金沢学生のまち市民交流館長
金沢市の「学生のまち・金沢」の推進、市民活動団体との協働、連携の実例を紹介していただき、わかもののまち静岡がわかもののまちを実現していく上でのヒントを頂きます。

【ゲスト②】両角 達平 様
ヨーロッパ在住の若手日本人ブロガー。欧州・北欧の若者支援、若者政策を研究。http://tatsumarutimes.com/ ストックホルム大学院 国際比較教育課程在籍/国際シンクタンク Youth Policy Press チーム/NPO法人 Rights/元内閣府子ども若者育成支援点検評価委員会/日本シティズンシップ教育フォーラム(JCEF)/YEC

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紹介動画

お問い合わせなど

主催:NPO法人 わかもののまち静岡
Email : wakamono.shizuoka@gmail.com
HP : https://wakashizu.wordpress.com/
ご不明な点、ご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

【告知】静岡市わかもの会議 発足告知イベント

静岡市に「わかもの会議」が発足!

昨年、わかもののまち静岡で提言した内容を踏まえ、静岡市が「静岡市わかもの会議」が発足することとなりました。わかもののまち静岡が運営協力をします。

人口減少が進む静岡市。「若者が住んでみたい、住み続けたいと思うまち」になるためには何が必要か、若者が意見やアイデアを出しあい、ともに静岡の未来をつくる取組を推進していくために「静岡市わかもの会議」を発足します!

「静岡にあんなものがあったらいいのに」

「このまちでずっと過ごしたい」

「もっと好きなまちにしたい!」

そんな思いを行動に、カタチにするきっかけをつくります。

「みんなで創る、静岡」

若者のチカラで静岡のミライをつくりませんか?


7月6日(水)の夜に発足イベントを実施

▼「静岡市わかもの会議」告知イベント~若者のチカラでつくる、静岡のミライ~▼

スライド1

「静岡市わかもの会議」の発足を受け、7月6日(水)の夜に発足告知イベントを実施します。

■ 日時:2016年7月6日(水)19:00~20:30
■ 場所:静岡市青葉会議棟(元静岡市クリエーター支援センター/旧市立青葉小学校)3階 会議室(所在地:静岡市葵区追手町4-16)
■公共交通機関:静岡鉄道新静岡駅から徒歩3分/JR静岡駅から徒歩10分
■ タイムテーブル:
①主催者挨拶
平松 以津子(静岡市 子ども未来局長)
②静岡市わかもの会議の趣旨説明
③パネルディスカッション「若者のチカラでつくる、静岡のミライ」
コーディネーター:
土肥 潤也氏(わかもののまち静岡 代表理事/静岡県立大4年)
パネラー:
新間 裕輝氏(学生シンクタンクとこまち/常葉大学1年)
奥洞 知依氏(静大FC 学生ディレクター/静岡大学3年)
鈴木 貫司氏(YEC(若者エンパワメント委員会)/常葉大学3年)
田島 奈津実氏(静岡高校生会議/高校2年)
松永 聡子(静岡市 青少年育成課長)
④クロージング
■ 申込み:なし(直接会場へお越しください)
■ 参加条件:すべての方(若者に限らずご参加いただけます)
■ 参加費:無料
■ 主催:静岡市
■ 協力:わかもののまち静岡

静岡市わかもの会議の募集要項はこちら

詳細は静岡市ホームページにも書かれています。

《会議の内容》
全8回の会議を通し、若者目線からの政策提案を考えます。
考えた政策は、市長に直接提案し、市がすぐやれるものはすぐに取り組みます。

《申込の条件》
下記の3点(未成年の場合は4点)全てに当てはまる方が申し込み可能です。
①平成28年4月1日現在15歳~24歳で、静岡市内に在住、在学または在勤していること。
② 静岡市をより良いまちにするため、他参加者と協力し、主体的に取り組むことができること。
③会議に出席できること
※必ず全日程に参加しなくてはならないということではありません。やむを得ず欠席される場合でも、会議の進捗状況はお知らせするようにします。
(④ 未成年の場合は保護者の承諾を得ていること。)

《申込方法》
申込書を静岡市webサイトからダウンロードし、必要事項を記入した上で、静岡市青少年育成課まで郵 送・持参・FAX又はメール添付にて送付ください。【7月15日必着】
〜ダウンロードはこちら〜
http://www.city.shizuoka.jp/626_000074.html

【郵送・持参の場合】〒424-8701 静岡市清水区旭町6番8号 静岡市子ども未来局青少年育成課 【メールの場合】seishounen@city.shizuoka.lg.jp 【FAXの場合】054-352-7732